人気ブログランキング |

武内どうぶつ病院 ブログ

takeuchiah.exblog.jp
ブログトップ

    ★ 猫の甲状腺の病気 ★

猫の甲状腺機能亢進症について
最近、猫の甲状腺機能亢進症によく遭遇します。
そこで今回はこの病気について書きますね。

中年以降に発生しやすい疾患です。若い猫ちゃんはめったに罹患しません。

甲状腺という器官から、過剰のホルモンが分泌してしまっている
状態です。甲状腺自体が腫れている場合もあり触診でわかる場合もあります。(甲状腺腺腫または甲状腺様過形成。甲状腺癌はまれ。)
症状ですが、

■食欲があるにもかかわらず、体重が減っている。
■年の割によく食べる!むしろ若い時より、ご飯をせがむ。
■時々、嘔吐する。また腸運動亢進が生じやすくなるために排便回数がふえたり、下痢になる。
■お水をよく飲む。またよくおしっこする。
■呼吸が荒くなったりする。
■活動的になり、よく遊ぶようになったり、夜な夜な徘徊したり、分けもなく「ニャーニャー」鳴いて落ち着きがなくなる子もいます。



ポイントは、「食べているのに痩せてくる」というところでしょうか
食欲不振では、「病気かな?」と思われる飼い主様もいらっしゃるでしょうが、「食欲がある」事を異常と感じる方は少ないと思います。

食欲は時に、有りすぎることが「症状」となる事も知っておいていただけたらと思います
   
診断は、血液検査や甲状腺のエコー検査など総合的に判断します。(詳細は割愛しますね)
肝酵素( ALT、ALP、ASTなど)の上昇が比較的多く認められます。またBUNや、高血糖がみられることもあります。
甲状腺のホルモン量の測定値が高値であることが決めてになりますが、この病気は全身に影響をおよぼすという事が重要です。
時に心臓に悪影響をおよぼすので、レントゲンやエコー検査で心臓の機能を調べます。高血圧になり、眼の症状がでることもあります。
 
治療は外科、内科など色々手段がございますが、その子の置かれている環境や状況で判断してきます。また、最近ではこの病気の為につくれらた処方食もあり、
良い治療効果をあげています。


高齢のねこちゃんと生活されている方は、年に一度は、(できれば半年に1回)病院で健康チェックを受けてみてくださいね。
by takeuchi-ah | 2013-10-04 14:44 | 病気

さいたま市大宮区天沼町1-84-3 tel 048-871-8025


by takeuchi-ah