人気ブログランキング |

武内どうぶつ病院 ブログ

takeuchiah.exblog.jp
ブログトップ

与えてはいけないものたち

☆ 気を付けたい、盗食や誤食 ☆

猫はそうでもありませんが、犬はわりと誤食しやすいといえます。
犬種では、フレンチブルドッグ、ゴールデンレトリバー、キャバリアに多くみられる傾向にあるようです。

特に気を付けたいのが、人は食べても大丈夫だか犬にはキケンという物ですね。
家の中にごくあたりまえに存在している食材等にキケンが潜んでいます。

簡単ではありますが、思いつくままに列挙してみたいと思います。
今一度、参考にしてみてください。

ネギ類、これは有名ですのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

チョコレート、ココア、これも有名?ですね。ちなみにビタータイプほど中毒物質のテオブロミン含有量が多いので危険度高いです。

レーズン、これは知らなかった人もいるかもですね。私も患者さんで急性腎不全を生じた例を経験しています。レーズンパンを一切れ程度では大事に至ることはないと思いますが、注意が必要です。

ぎんなん、ちょっとレアでしょうか。ヒトでも小児では中毒が発生しているようです。私も小さい頃、食べ過ぎはイケナイと祖父母に聞いた事があります。

キシリトール、あれ?歯みがきガム等にも含まれている場合がありますね。少量では大丈夫ですが、死亡例も報告されている獣医学的には有名な中毒物質です。
犬の体重1kg当たり0.2g以上で低血糖、1.6g以上で肝細胞壊死犬の体重1kg当たり0.2g以上で低血糖、1.6g以上で肝細胞壊死と報告されています。
ヒトのキシリトールガムを1箱食べちゃった!は大変危険です。すぐに病院へ。
ナッツ類、これは物理的に消化管に詰まりやすく、腸閉塞の原因にもなるのですが、マカダミアナッツは多量摂取で神経毒性や嘔吐がみられます。私自身も患者さんでマカダミアナッツ中毒になってしまった犬を経験しています。一般に死に至ることはありませんが、腸閉塞を併発して手術になった子を経験しています。今でもこの子は元気にしています。
球根類、特にチューリップ、ゆり、ポインセチアなど。これらの球根、時に葉にも中毒性があります。ガーデニングをやられる方、お庭が広い方などはご注意ください。犬が球根を掘り起こして食べてしまい、中毒死した例が報告されています。十分注意が必要ですね。

人間用サプリメント、様々な成分のサプリが存在しています。単一成分でない製品も多いため、与えない方が無難です。たまたま、床に落としてしまってあっという間に犬に食べられてしまったということもあるかと思いますので、注意してください。
ちなみに、αリポ酸という成分は、猫が摂取した場合致死的ですので、くれぐれも注意してくださいね。単味の製品以外にも、ダイエットサプリにも含まれていることがあります。

医薬品、特に飼い主様自身が病院で処方されたものを誤食してしまう場合が多いようです。血圧低下剤や解熱鎮痛剤などは危険度が高い部類になります。
飼い主様のハンドバッグをあさって、頭痛薬を食べてしまった事件を経験しています。そのわんちゃんは、残念ながら亡くなってしまいました。

身近なところに、キケンが潜んでいますので十分に注意してくださいね。


「武内どうぶつ病院Webへ」

by takeuchi-ah | 2014-06-20 10:27 | お知らせ

さいたま市大宮区天沼町1-84-3 tel 048-871-8025


by takeuchi-ah