人気ブログランキング |

武内どうぶつ病院 ブログ

takeuchiah.exblog.jp
ブログトップ

アロマオイル(精油)について。

今日は「猫とアロマオイル」について書いて見ますね。

最近は自宅でアロマセラピーをされている、もしくはディフューザーを使って精油を噴霧している方もいらっしゃるかと思います。リラックスできたりして、よいものですよね。

今回は、このアロマが猫にとっては危険がともなうことをお話ししようと思っています。

猫は本来肉食動物です。
これが、私たち人間と犬と根本的に違うところです。
犬はもちろん肉も食しますが、雑食性動物にあたります。

猫の体内(肝臓)では、解毒分解システムのひとつである「グルクロン酸抱合」ができません。
これは、簡単に言うと体内に発生した脂溶性有毒物質をグルクロン酸によって水溶性化させて、腸管や尿に捨てる事により、解毒する仕組みなのですが、猫ではこれができないのです。

したがって、犬にくらべて薬剤や植物を含めた多くの化学物質に対し、中毒を起こす確立がとても高いのです。

表題にもありますように、アロマオイル含有のシャンプー(ティートゥリー)で洗った後、体調に異変を生じ亡くなってしまった例もあるようです。
この猫ちゃんの死因が100%アロマとは証明できないとは思います。)

特に、アロマオイルは多量の植物を用いて抽出(圧搾や水蒸気蒸留)して作成しているため、微量と感じても実際は猫にとっては中毒量に値することも多いのではと感じています。

どのアロマがどの量で猫に中毒を起こさせるのか?詳細はわかっていません。数種類のアロマがブレンドされている製品もあるので、個別に検査して調べるしかないようです。
しかし、グルクロン酸抱合は遺伝子レベルでの異常(猫にとっては特性?)なので、危険を回避するにはアロマは使用しないというのが、懸命かもしれません。

余談になりますが、私が調べたところフェレットにもアロマでの死亡例が報告されているようです。
(フェレットもこのグルクロン酸抱合力が弱いとされています)
現在、アロマオイルを原材料に使用していても、猫に使用可能として販売されている商品もあると聞きます。使用する前に製造メーカーに相談してからのほうが良いかもしれませんね。

飼い主様にも、猫ちゃんにも心地よい生活環境であってほしいものですね。
では、また!!


当院では、猫ちゃんに配慮した診察を行っています。ご相談は診察時でもかまいませんので、気楽にご相談ください。
「武内どうぶつ病院Webへ」
by takeuchi-ah | 2014-07-27 16:36 | サプリメント

さいたま市大宮区天沼町1-84-3 tel 048-871-8025


by takeuchi-ah